のと海洋ふれあいセンターを基盤としたボランティア組織


by lab_umimogura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

カテゴリ:会則( 1 )

第1条  本会はのとスノーケリング研究会「海もぐら」と称する。
      2 マスコットマークは別に定めるものとする。
第2条  本会はスノケーリングの進歩普及を図り、楽しく海に親しみ、併せて会員相互
      の連絡並びに親睦を図ることを目的とする。
第3条  本会は前条の目的を達するために次の事業を行う。
      1 総会の開催(年1回)
      2 スノーケリングに関する研究会、観察会等の開催
      3 各機関が開催するスノーケリング研究会への指導者としてのボランティア参加
      4 その他前条の目的を達するために必要な事業
第4条  本会の事務局は会長が適当と認めるところに置く。
第5条  会員は、本会の趣旨に賛同する個人とする。
      2 本会に入会するには、住所、氏名、職業等を記入した入会申込書を事務局に提出す
        るものとする。
      3 退会するときには、事務局に申し出るものとする。
第6条  本会の会計年度は4月1日に始まり、翌年3月31日に終わる。
第7条  本会の経費は、会員の寄付、その他によって行うものとする。
      2 本会の経費は、総会の開催費用、案内物の送付等にかかる費用に充てる。
      3 本会の会費は、年額300円とし、総会その他の機会に支払うこととする。
第8条  本会には次の役員を置く。
      会長1名 会長代理2名 幹事2名 事務局長1名
      役員の任期は2ヶ年とし、総会で改選するが再任は妨げない。
第9条  会長は会を代表し、会務全体を総べる。会長代理は、会長を補佐し会長に事故
      ある時、会長任務を代行する。幹事は会長の意を受けて日常の会務を行う。事
      務局長は事務を総括する。
第10条 本会の事業は、幹事が会員の意見を総括し、会長の同意を得て遂行する。
第11条 本会則は、総会において改廃することができる。
      (附則)
      この会則は、平成14年7月20日から施行する。
      (附則)
      この会則は、平成15年2月8日一部改正し平成15年4月1日から施行する。
      (附則)
       この会則は、平成17年3月19日一部改正し平成17年4月1日から施行する。
[PR]
by lab_umimogura | 2005-09-25 12:41 | 会則