のと海洋ふれあいセンターを基盤としたボランティア組織


by lab_umimogura
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:遠征交流会( 2 )

2度目の越前LOG

e0082949_177313.jpg h17年度 海もぐら遠征潜水会は2度目の福井県越前町LOG。

ダイビング班、スノーケリング班に分かれてエントリーしました。大量のエチゼンクラゲと遭遇し一緒に漂う(写真はとんぼ渡りで) と ソラスズメダイ(1000匹?ほんまに沢山)に圧倒されました。


e0082949_1785761.jpg
ソラスズメダイは200匹前後の大きな群れを4つ見ました。台風15号の影響で流されてきたものと思われますが、能登まできているのか確認してみたいですね。


天候にも恵まれ水温25℃とグッドコンディションの潜水会でした。



e0082949_1710016.jpg
ダイビング班(写真はガイドの専務といっしょに!)
[PR]
by lab_umimogura | 2005-10-08 17:12 | 遠征交流会
e0082949_1312898.jpg
遠征交流会は10月18日の夜、民宿"よしおかや"さんで、"のとスノーケリング研究会海もぐら"と"福井の海に親しむ会"の交流会がおこなわれました。福井県海浜自然センター(http://www.fcnc.jp/)の渡さん、西垣さんにお世話いただき藤田先生と神谷先生をお招きして総勢19名の参加で、新鮮な魚の料理をいただきながら、楽しく話ができました。永見さん"テンジクハナダイ"の話などを聞かせいただきありがとうございました。



e0082949_2138484.jpg
 翌19日は、若狭湾の千島での自然観察会に参加しました。今回は漁船をチャーターして、小浜水産高校(http://www.obamasuisan-h.ed.jp/2seikatu/3bukatu/11daibin/daibin.html)のダイビングクラブの皆さんも加わり移動いたしました。島のポイントにはすでに釣り人がいたので、釣り糸を避けながらの観察会となりました。それでも島周辺はダイナミックな地形で、透明度も素晴らしく感激しました。 若狭湾(日本海)の素晴らしさを再認識したポイントでした。



e0082949_21454179.jpg
[PR]
by lab_umimogura | 2005-09-25 13:17 | 遠征交流会