のと海洋ふれあいセンターを基盤としたボランティア組織


by lab_umimogura
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

カテゴリ:スノーケリング指導者研修会( 15 )

スノーケリング指導者研修会へのお誘い

今年最初の スノーケリング指導者研修会 が「のと海洋ふれあいセンター」で2日間に渡り開催されます。
 水温も上がりスノーケリングシーズンとなりました。いままで素潜りしていた方もフルセットの機材を用いたスノーケリングを正式に学んでみませんか?

日時:7月15日(日)  13:30~17:00
7月16日(月・祝) 09:30~12:00

スノーケリングの指導者に求められる知識・技術について実技を交えて開催します。

今回は、心肺蘇生法などを習得する実技講習(1日目)と実際の指導手順・方法を学ぶ実技指導(2日目)を行います。

e0082949_1345259.jpg









対象者
 高校生以上のスノーケリング経験者(過去の研修会または講習会等の受講者など)

定員
 20 名程度

受講料
 入館料400 円(200 円×2 日分),器材貸出料1,000 円,計1,400 円
 器材持参の方は、器材貸出料が不要です。

申し込み・問い合わせ
 受講申込書に必要事項をご記入の上、平成19 年7 月8 日(日)までに

のと海洋ふれあいセンター

 〒927-0552 石川県鳳珠郡能登町字越坂3-47
 TEL: 0768-74-1919
 FAX: 0768-74-1920

詳しくは、ホームページでチェック!!
http://www.pref.ishikawa.jp/nmc/index.html
[PR]
by lab_umimogura | 2007-07-01 13:46 | スノーケリング指導者研修会
9月2・3日(土~日)に開催された指導者講習会の実施報告です。

実技「磯生物の採集」・実習「磯生物の名前調べ(種の同定)」プログラムでした。
参加者は13名で初参加は4名でした。
又野館長の挨拶で始まり、福島さんの講習会の概要説明のあと、坂井課長から今回の「種の調査」について、生物の生息環境と採取道具の説明がおこなわれ、グルーピングのあと装備を用意し九十九湾湾口部へ移動した。1日目の採取実技では、2日目の種の同定にて必要な最小限のサンプルを採取しました。(ソラスズメダイは水槽用に14匹が捕獲され、その他ハゼやギンポなどの魚類、キクザルガイ貝や甲殻類、海草類をサンプリング)
サンプリングには関係ありませんが、湾内で写真撮影できた生物を紹介。
e0082949_20553694.jpg
コブダイの幼魚


e0082949_20574768.jpg
ボラ


e0082949_2105149.jpg
クロダイ


e0082949_2145365.jpg
ソラスズメダイ


e0082949_2164642.jpg
メバルの群れ


e0082949_21372947.jpg
一日目参加者の皆さん、お疲れ様でした。
[PR]
by lab_umimogura | 2006-09-03 21:40 | スノーケリング指導者研修会
スノーケリング指導者研修会へのお誘い

 体験スノーケリングやスノーケリング教室の際の指導者を養成するため、センター職員による危険な磯の生きものについてのレクチャー、スノーケリングの基礎的な技術の指導方法、海中観察についての指導方法など、講義やフィールドでの実技講習をおこないます。今回は「磯生物の採集」と「種の同定」をメインに開催いたしますので、興味ある方の参加をお待ちしています。

・日時
2006年9月2日13:00 ~ 3日12:00

・開催地
石川県鳳珠郡能登町字越坂3-47
のと海洋ふれあいセンター 

・対象
高校生以上の方でスノーケリングの基礎技術を有する方

・定員
各20名

・参加費
各回とも 1,400円(器材使用料,入館料2日分)

・申し込み
電話・FAX・メールで、参加希望者全員のお名前(ふりがな)・ご住所・日中に連絡がとれる電話番号をご連絡下さい。

e0082949_1045973.jpg











e0082949_10424824.jpg










・スケジュール
2日(土)
13:00 受付開始
13:30 開校式
13:40 オリエンテーション
14:00 着替え・準備
16:00 実技「磯生物の採集」
16:30 後片付け・着替え
17:00 終了
18:00 懇親会およびスノーケリング研究会の話(別途参加費が必要)
3日(日)
09:30 オリエンテーション
10:00 実習「磯生物の名前調べ(種の同定)」
11:30 後片付け・ふりかえり
12:00 終了・解散

注 意
天候により室内での活動に切り替えることがあります。

詳しくは、のと海洋ふれあいセンターまでお問い合わせ下さい。
http://www.pref.ishikawa.jp/nmc/index.html

TEL:0768-74-1919
FAX:0768-74-1920
nmciアットマークprefドットishikawaドットjp
 注(アットマークは@、ドットは.に変えてください)
[PR]
by lab_umimogura | 2006-08-26 10:47 | スノーケリング指導者研修会
e0082949_18655.jpg
h16年10月16日「スノーケリング、スキンダイビング練習会」の報告です。

 練習会の目的は参加者にとって「スノーケリング、スキンダイビングの技術の習得・向上」にほかなりません。練習会の構成は 座学講習、実技練習に分かれておこなわれました。

1. 座学は、海の自然体験館の講義室で川原講師によりレジュメ・ホワイトボード(手書きの図)を使っておこなわれました。

・フラッターキック、リプレイスメント、ウェイビング、サーフェイス・ダイブ・ウェイビングと新しい言葉が出ました。

2. 実技練習は、九十九湾湾口部にておこないました。透明度はいまいち(10m程)でしたが、波はなく水温も高めでしたし、湾内も夏場に目立ったアオサがなくなり綺麗になっていました。

川原講師、仙北屋アシスタントの実演と、バディ単位での実技チェックがおこなわれました。講師やパートナーにチェックしてもらい、教えてもらえる有意義な練習となりました。

まとめ
 生き物を探し、水中を漂う楽しみ、より深く潜る楽しみのためにはTPOにあった泳法・技術が必要であると再認識できた楽しい「練習会」でした。
[PR]
by lab_umimogura | 2005-09-25 18:05 | スノーケリング指導者研修会
e0082949_125921100.jpg
スノーケリング指導者研修会は救急救命法やスノーケリング指導テクニックなどを学びます。
 対象は高校生以上で、過去の講習会などを受講しスノーケリングの基礎技術を有する方です。
 受講後、希望者は"のと海洋ふれあいセンター"が行うスノーケリングスクールの講師として参加していただけます。
[PR]
by lab_umimogura | 2005-09-25 13:04 | スノーケリング指導者研修会