のと海洋ふれあいセンターを基盤としたボランティア組織


by lab_umimogura
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

「川原英特別講座:スノーケリング、スキンダイビング練習会」

e0082949_18655.jpg
h16年10月16日「スノーケリング、スキンダイビング練習会」の報告です。

 練習会の目的は参加者にとって「スノーケリング、スキンダイビングの技術の習得・向上」にほかなりません。練習会の構成は 座学講習、実技練習に分かれておこなわれました。

1. 座学は、海の自然体験館の講義室で川原講師によりレジュメ・ホワイトボード(手書きの図)を使っておこなわれました。

・フラッターキック、リプレイスメント、ウェイビング、サーフェイス・ダイブ・ウェイビングと新しい言葉が出ました。

2. 実技練習は、九十九湾湾口部にておこないました。透明度はいまいち(10m程)でしたが、波はなく水温も高めでしたし、湾内も夏場に目立ったアオサがなくなり綺麗になっていました。

川原講師、仙北屋アシスタントの実演と、バディ単位での実技チェックがおこなわれました。講師やパートナーにチェックしてもらい、教えてもらえる有意義な練習となりました。

まとめ
 生き物を探し、水中を漂う楽しみ、より深く潜る楽しみのためにはTPOにあった泳法・技術が必要であると再認識できた楽しい「練習会」でした。
[PR]
by lab_umimogura | 2005-09-25 18:05 | スノーケリング指導者研修会