のと海洋ふれあいセンターを基盤としたボランティア組織


by lab_umimogura
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
3月21日
能登海洋ふれあいセンターとNSSの共同企画での耐寒潜水会(海中林観察会)が開催された。

年間で海水温が最も低い約10℃の季節です。海もぐらメンバー有志とNSSさん総勢10名でホンダワラ類が長く成長し海面まで達している様子をダイビング&スノーケリングで観察しました。

この日は天候に恵まれ穏やかな1日となりましたが、海水温は低く、水面が11℃、湾内海底で10℃でした。
これだけ水温が低くてもアカモクは成熟して既に流れてしまっておりアカモクの海中林を見ることが出来ませんでしたが、湾内の波当りの少ない場所には残っていたようです。

写真はヤツマタモク、ノコギリモク、ホンダワラなどの海中林です。

e0082949_12381112.jpg





e0082949_12395122.jpg





e0082949_12403671.jpg





e0082949_12416100.jpg





e0082949_12422375.jpg





e0082949_12425780.jpg





e0082949_12435622.jpg




ドライスーツでのスノーケリングは思ったより暖かく快適でした。
来シーズンは公開イベント化して沢山の皆さんに体験してもらいたいと思います。
[PR]
# by Lab_umimogura | 2015-03-29 12:38 | 研修ツアー
8月30-31日に、のと海洋ふれあいセンターで「スノーケリング指導者研修会(九十九湾クリーンアップ)」が開催されました。
9月からのダイバー解禁(ショップ経由利用のみ)に先立っての海中清掃が目的です。
今回は30日に日本海潜水さん、31日はアミューズさんに協力いただきました。
九十九湾の海中ゴミは予想以上に少なく、海中公園として楽しんでいただける環境でした。

海中清掃中にここでは珍しいオウギウミヒドラ(ヤギモドキの仲間)を川原会長が見つけました。
e0082949_6351729.jpg














発見場所は
e0082949_6471360.jpg













夏の代表的な海藻アキヨレモクの草原(藻原))に感動!
でもずっ ~と続いているので単調に感じます。
人間って勝手なもんですね!
しかし能登の藻場は世界に誇るべき生態系です!
e0082949_6393751.jpg













またまた珍しいメベリウミウシの仲間を中村くんが発見しました。
e0082949_6442882.jpg














この時期には珍しくミヤコウミウシも見つかりました。

e0082949_6482032.jpg













何回も潜っている処だが、こんなに沢山のクサフグの幼魚の群れを見たのは初めて

e0082949_11261349.jpg















e0082949_11284370.jpg














クリーンアップ参加者・回収したゴミと記念撮影

e0082949_11302150.jpg





















[PR]
# by Lab_umimogura | 2014-09-22 06:48 | スノーケリング指導者研修会
研修会のお知らせ


e0082949_22534135.jpg






e0082949_22545255.jpg






平成26年(第2回)スノーケリング指導者研修会


1. 主催
石川県・一般財団法人 石川県県民ふれあい公社

2. 日時
平成26年8月30日(土) 13時00分~17時00分
九十九湾クリーンアップ作戦(海中の漂着物などを回収します)

平成26年8月31日(日) 9時00分~12時00分の2日間
フィールド講習、実技「スノーケリング指導と海中観察」


3. 場所
のと海洋ふれあいセンター
海の自然体験館・スノーケリングフィールドほか

4. 内容
スノーケリングの基本的な技術の指導方法、磯生物の安全で楽しい観察法について、実技を交えて解説します。
また、海中清掃を併せて行います。

5. 対象者
高校生以上のスノーケリングの基礎技術を有する方

6. 定員
20名程度

7. 受講料
入館料400円(200円×2日分),スノーケリング器材貸出料2,000円,計2,400円

8. 申し込み・問い合わせ
平成26年8月13日(日)までにのと海洋ふれあいセンターへFAX、E-mailでお申し込み下さい。

のと海洋ふれあいセンター
〒927-0552
石川県鳳珠郡能登町越坂3-47
TEL (0768)74-1919・FAX (0768)74-1920
E-mail : nmci@notomarine.jp

9. 準備するもの
水着・タオル等をご持参下さい。

10. その他
詳細はお電話にて問合せ下さい。

p.s. 30日夕方は海もぐらの総会、夜は研修参加者の懇親会をおこないます。
[PR]
# by lab_umimogura | 2014-07-30 23:23 | スノーケリング指導者研修会
京都水族館 http://www.kyoto-aquarium.com/

平成24年3月14日に京都市下京区にある梅小路公園内に開業した内陸型水族館。
オリックス水族館株式会社が運営している民間施設って知らんかったな。

yutubeではイルカショウや大水槽の動画が結構アップされていますが、やはり本物をみたいですね。
http://www.youtube.com/watch?v=nIz8Q2EbhN8

という訳でやっとみてきました。

この水族館はモントレー水族館を意識した学習型形式で3階建て建築物は9つのゾーンに分けて展示されている。「水と共につながる、いのち。」がコンセプトだとか。
目玉は観覧席数1,048のイルカスタジアムでおこなわれるハンドウイルカの大迫力のイルカショーであると思う。

展示ガイド
e0082949_17582235.jpg





水族館エントランス
e0082949_17591644.jpg





京の川ゾーンってなんなん?このサンショウウオ(天然記念物)がうじゃううじゃ!!
e0082949_187496.jpg





かいじゅうゾーンのゴマフアザラシ
e0082949_1801033.jpg





かいじゅうゾーンのミナミアメリカアシカ
e0082949_182727.jpg





ペンギンゾーン
e0082949_1804697.jpg






海洋ゾーンは「さんごの海」・「磯の教室」・「無脊椎の世界」・「京の海」がある。
残念だが写真はないが「無脊椎の世界」のクラゲは一見の価値ある。


大水槽は日本海を表現した水量500tの水槽、高さ6m、1〜2階吹き抜けになっている。
e0082949_1812112.jpg






大水槽の魚の解説。まいわしのトルネードが見られる。
e0082949_1832434.jpg






大水槽に平成24年4月23日からナポレオンフィッシュが入る。
e0082949_1852381.jpg






イルカスタジアムは背景が梅小路公園の緑(秋は紅葉)となる。
ここのイルカショー!芸達者なイルカのダイナミックな内容に感激してしまった。
やはり生は素晴らしかった。
e0082949_188037.jpg






京の里山ゾーン。ここは古き良き日本の原風景と言うべき里山を再現している。
e0082949_1883436.jpg






「すいぞくパン」(オオサンショウウオ、カメ、ゴマフアザラシ、イルカ、カクレクマノミなど)
e0082949_189077.jpg


商売上手で魅力満載な内容、かつ申し込めば同日再入場が可能・年間パスポートが大人で4000円などとてもリーズナブル。
京都という場所柄人は多く込んでいるし、駐車場がなく近隣の民間有料駐車場を使わなければならないけど素晴らしい水族館だった。
[PR]
# by lab_umimogura | 2013-11-30 18:09 | プール・スポーツ施設
10月12日に、のと海洋ふれあいセンターで「スノーケリング指導者研修会」が開催される。
e0082949_96191.jpg

e0082949_963766.jpg

e0082949_1227946.jpg


10月13日には、能登島にて遠征潜水会が開催されたので概要を報告します。
e0082949_97483.jpg



12日は低気圧の影響で日本海は荒れていましたが、幸い九十九湾付近は穏やかな海況での開催となりました。
今回の「スノーケリング指導者研修会」は「北陸ダイビングサークル」の皆さんとの共催で11名の参加があり、かつ「ふれいあい空間いしかわ」のTV取材もあってにぎやかとなりました。
e0082949_920337.jpg



参加者はTVカメラで撮影されているので緊張気味、特に女性はカメラから逃げていたような!?
e0082949_983675.jpg


ブリーフィングのあとセンター藻塩場側から入水、城ヶ崎(九十九湾の北側の入り口) までの海域を約二時間観察・撮影をおこなった。時折日差しもあり、10月の海にしては海水温も24℃と高く、素晴らしい観察をおこなえました。
e0082949_991074.jpg


e0082949_9122222.jpg

e0082949_9124538.jpg


さすがに皆さん5mmのウェットスーツだったので二時間のエントリーでは体が冷えて順にエキジットとなりました。
e0082949_9131932.jpg



ホンダワラ類の海藻も伸び始めており夏にはみられない海中景観で、オヤビッチャやソラスズメダイもまだまだ相当数の固体が生息しています。ここ数年海水温が高い事ももありも暫くは生存してくれると思います。
e0082949_9112881.jpg







13日は、さらに低気圧の影響がありましたが能登島は天候もよく暑い日となりました。当初の目的のドルフィンスイム組と生物観察組に分かれてのエントリーとなりました。
e0082949_9142163.jpg

e0082949_9143735.jpg

e0082949_915248.jpg





研修・潜水会に参加いただいた皆様、おつかれさまでした。のと海洋ふれあいセンターのスタッフの皆様、ありがとうございました。次回開催に向け有意義な企画提案をお願い致します。

p.s. 「ふれいあい空間いしかわ」は石川テレビで10月26日に「海に魅せられて」のとスノーケリング研究会 海もぐら (能登町) として放送されました。川原会長の体験スノーケリングでの雄姿が見られます。
[PR]
# by lab_umimogura | 2013-10-27 09:21 | スノーケリング指導者研修会
9月15日に、のと海洋ふれあいセンターで「スノーケリング指導者研修会」が開催される予定でしたが、台風の影響て急遽中止となりました。
「中止のEメールを見落とした私」と「研修会中止でも用事があった会長」がセンターに到着してみると、いい海況となっています。センタースタッフと協議の結果、問題ないとの事で、準研修としてエントリーする事に!

e0082949_13215142.jpg

e0082949_13222377.jpg

オヤビッチャは何匹? (答えは最後にあります。)
e0082949_132732100.jpg

オハグロベラ発見(*^^*)
e0082949_13234627.jpg

曇ってはいるけど台風が接近しているとは思えないマッタリした海。
e0082949_1324122.jpg

オヤビッチャを見つけ→クロダイが現れ→セイゴが画面を横切る。
たったそれだけだけど、絵としては珍しい?思う Youtubeへ






オヤビッチャは何匹? 画像をクリックしていくと 1796x1200ピクセルまで大きくなるので確認してみてください。


識別の基準となる形態は:
体側に5本の黒い横縞が入るのが特徴である。地色は灰色だが、背中は黄色を帯びる。
あと、イシダイとは尾鰭の形状が全く異なる。

難しいですが四匹いるのが分かりますね。
[PR]
# by lab_umimogura | 2013-09-16 13:28 | スノーケリング指導者研修会
1. 「能登で水揚げされる魚介類の変遷について」

 珠洲市在住の石川県漁業協同組合すず支所の前野美弥次さんから、能登で水揚げされる魚介
類の変遷についてお話頂きました。
 前野さんは三年前、東京の築地に通い「おさかなマイスター」の資格を取得された。漁協の市場
で働き、水揚げされる魚種や量が変化してきている事を調査されていた。
地元魚を知る人間にとってとても面白く、また説得力のあるお話と映像を紹介していただききました。

スライドで紹介された魚類(他の甲殻類、貝類はほぼ割愛) 
※名称は私が聞き取ったものなので間違いがあるかも知れません。
うっかり
あやめ
めばる
うすめばる
ゆずめばる
めばるA
めばるB
めばるC
えぞめばる
そい
よろいめばる
あかむつ(のどぐろ)
まだい
きんめだい
きんときだい
石鯛 成魚
へだい
くろぶちまんじゅうだい
まとうだい
てんぐだい
たけのこめばる
かごかきだい
めだい
エチオピア
やなぎむしがれい
若狭鰈
さめがれい 表
いしがれい
しまうしのした
ひらめ 養殖 表
ひらめ 天然 表
しろがれい 表
あかがれい
あさまがれい 裏
うろめがれい 表
あぶらがれい
ひれぐろかれい 表
なめたがれい
げんげ
たなかげんげ
まさば
かます
おおめかます
かすみあじ
ぎんがめあじ
GT
めあじ
はなびらうお
めじ
クロマグロの幼魚
かつお
さけ ♀
あぶらびれ
さくらます
ひらまさ
かんぱち
ひらまさ
おにおこぜ
だつ
かじか
がんこ
しまふぐ
とらふぐ
よりよふぐ
あおりいか
まついか
ぼうずいか
そでいか
あかいか
いさき
しまいさき
くじめ
丸とびうお
かわはぎ ♂
うまずらはぎ ♂
きじはた
あおはた
まはた
あら
ひれじろまんざいうお
ばらめぬけ
せみほうぼう
かながしら
きあんこう
あんこう
まごち
こぶだい ♂
きゅうせん
まだこ
てながだこ
ひらすずき
すずき
よこしまさわら
いせごい
しゃちぐい
たら
ほっけ
たいわんがざみ ♂
かざみ ♂
あかむつ
むつ
おやびっちゃ
あなご
ぬたうなぎ
あかえい
かさご
くさ
はつ♂
はつ♀
ちだい
きだい
あまだい
石鯛  幼魚
いしがきだい
すずめだい
まつだい
こしょうだい
がかもどき?
むらそい
めいちだい
よすじふえだい
いすずみ
むしがれい
素鰈
さめがれい
すがれい
くろうしのした
ひらめ 天然 裏
ひらめ 養殖 裏
しろがれい 裏
まこがれい
まがれい
あさまがれい 表
うろめがれい 裏
ほしがれい
ひれぐろかれい 裏
ひめ
どんこ
ごまさば
いとひきあじ
あかかます
やまとかます
まあじ
まるあじ
しまがつお
しおかじき
ばしょうかじき
まながつお
はがつお
さけ ♂
あぶらびれ
からふとます
ぶり
ひれながかんぱち
ひらまさ
いざりうお
あかやがら
けむしかじか
まふぐ
ひがんふぐ
しろかさふぐ
くさふぐ
ごまさばふぐ
けんさきいか 短胴
けんさきいか 長胴
ひめこういか
みみいか
やりいか
じんどういか
たてじまいさき
たちうお
あいなめ
角とびうお
かわはぎ ♀
うまずらはぎ ♀
そうしはぎ
あみめはぎ
たかのはだい
しおいたちうお
かしきんめ
つるぎエチオピア
ほうぼう
シュモクザメ
ほていうお
きあんこう
あんこう
ねずみごち
こぶだい ♀
ささのはべら
みずだこ
たいりくすずき
かいくり
さわら
つばめうお
めぎす
すけそうだら
にしん
たいわんがざみ ♀
がざみ ♀
ぼら
しろぶち
たけぎんぽ
はも
だいなんうみへび
ほしえい

ただ過去に捕れていたものが少なくなり替わって捕れるようになったものがあることが今回の主テーマです。
また、新聞などでも知るところですが、南方系の魚が増えてきている報告がありました。
金沢の近江町の魚屋で見る事ができない魚達が能登の地元では新鮮かつ安く売られている。
そんな魚を買いに珠洲・宇出津に行きましょうって締めていただきました。
食べた人しか解らない能登の魚の価値!これは日本の宝です。

写真は近年、ブリと並んで能登を代表する高級魚となったノドグロです。
e0082949_15415514.jpg



2. 能登半島の藻場の変遷について

 のと海洋ふれあいセンターの池森貴彦さんから、能登半島の藻場についての調査報告がありま
した。
 能登地区の広範囲な調査は1990年に実施されて以来行われていませんでした。その為、
環境が大きく変わりつつあるのにそれではいけないと考えられ、平成23年から調査を開始されて
2年間で調査した能登町と珠洲市の藻場の分布域についてお話を頂きました。

e0082949_15394495.jpg

e0082949_15401975.jpg


講演後、終了時間をオーバーして活発な情報交換をおこなう事ができ実りある談話会となりました。

e0082949_15411467.jpg

[PR]
# by lab_umimogura | 2013-03-22 14:47 | 石川の自然懇話会
8月25-26日に、のと海洋ふれあいセンターで「スノーケリング指導者研修会」と「水中クリーンアップ」を開催しました。

25日は九十九湾の藻塩場側から入水、スノーケラーは水深4m程までの海域を対象としておこなった。日差しは強く東風でアンドンクラゲが吹き寄せられ若干苦戦する。NSS会員ダイバーの皆さんの協力も頂いて、深い海中の清掃活動をおこなったがそれほどのゴミも無く無事終了する。その後若干波がでてきたので、湾口部に移動し生物調査をおこなう。ブイのアンカーロープ付近にオヤビッチャ20匹ほどを発見する。


26日は素晴らしい海況。死滅回遊魚採取の為に湾口部から入水する。残念ながらオヤビッチャは確保できず。画像はとれているので見てください。
研修に初参加いただいたOKさん、MIさん、KAさん、SEさん、HAさん、おつかれさまでした。次回はもっと有意義な内容にしたいですね。



e0082949_649616.jpg

















e0082949_6501732.jpg
[PR]
# by Lab_umimogura | 2012-08-26 22:56 | スノーケリング指導者研修会
オールシーズンチャレンジは能登少年自然の家などが主催する自然体験活動事業のこと。

3年前から実施されており、
今回は「チャレンジ夏の能登」で大型カヌー、磯遊び、星の観察、スノーケリング、遊覧船、キャンプファイヤーなど盛りだくさんな二泊三日のコースとの事。

7月15日はのと海洋ふれあいセンターでのスノーケリング体験が実施された。



e0082949_12134268.jpg


e0082949_12143436.jpg


e0082949_12145865.jpg















水温は23℃、午前中はたまに小雨がふり、午後はおそおそ晴れの天候であったが、子どもたちには十二分に海を楽しんでもらえたようであった。
[PR]
# by Lab_umimogura | 2012-07-16 12:21 | のと海洋ふれいあセンター
この本は、昆布、ワカメ、テングサ、モズク、アマノリ、ヒジキなど日本人に身近な
海藻388種を阿部秀樹 野田三千代 神谷充伸 の各氏が解説している。

海藻おしば研究会が関わっているところも見所となっている。


e0082949_2123343.png















近年、海藻、海草の多糖類、食持繊維が腸内菌にとって有益である研究結果が多く発表されている。海洋民族たる我々にとって有益な食料や素材として海藻を知り、活用する必要がある。
[PR]
# by Lab_umimogura | 2012-07-07 21:05 | 石川の自然懇話会
体験スノーケリングや磯の観察会と間接的に関係するいしかわ自然学校。

2003年から始まった「いしかわ自然学校」が認定する インストラクターの登録数が153名となった。

自然体験活動の重要性をいち早く認識された県知事の先見の明と直接の窓口である自然保護課、現在は、自然環境課と(社)いしかわ環境パートナーシップ県民会議内(県民エコステーション)が「いしかわ自然学校」を通して地域づくりと人材育成を目指している。

e0082949_202359.jpg















いしかわ自然学校は、民間団体との連携・協力によって、多種の自然体験活動を用意している。宿泊をともなうものは有料のプログラムとなっている。宿泊することよる独創的な感受体験、趣向を凝らした料理、興味深い地元の習俗、アウトドアスポーツ、自然の癒しを感じる体験などは、過去にはなかった自然をより深く贅沢に味わう時間を提供している。
子どもたちが豊かな自然の中で思いっきり活動し、白山や能登の海の美しさと厳しさ、生き物がくり広げる自然界の感動、自然の恵みや生活との関わりなどを学び「生きる力」を育んで欲しいと願っている。

以上、いしかわ自然学校のホームページからの抜粋です。
[PR]
# by lab_umimogura | 2012-07-07 20:23 | いしかわ自然学校
のとじま水族館 http://www.notoaqua.jp/
(七尾市能登島曲町)

サザベエが来てジンベイザメ館が平成22年8月20日にオープンしてから一年過ぎたので、すでに見に行かれた人も多いかもしれない。Youtubeにも沢山の動画がアップロードされている。

特にnotoaqua(のとじま水族館の公式)投稿された動画は秀逸なので見て欲しい。
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=kahHcI8zNdM

という訳で、動画を見ていたら本物に会いたくて、今回初めて見に行った。



自宅から能登島まで2時間のドライブ。
本物のサザベエは国内の他のジンベイより小さいもののここの大水槽のなかでは迫力満点。
e0082949_885576.jpg


e0082949_8102180.jpg


e0082949_8104888.jpg


e0082949_8111147.jpg



おまけはカマイルカ





http://youtu.be/sXtTIJNvPcg
[PR]
# by Lab_umimogura | 2011-11-13 08:11 | プール・スポーツ施設
珠洲ビーチホテルに「スポーツクラブwave」がある。

6階にロッカー、ジムとスタジオがあり。
e0082949_21114811.jpg















7階に
e0082949_21121963.jpg















25mプール(2コース)
e0082949_2112588.jpg














ジャグジー
e0082949_21141041.jpg














乳幼児プール
e0082949_21144269.jpg















8階に
ウォータースライダーとラウンジがある。





おまけに、2階の
e0082949_21153047.jpg














湯坪
e0082949_21151158.jpg















大浴場
e0082949_21161765.jpg















このプールは全国的にも珍しい鉢ヶ崎ビーチを望むオーシャンビューの温水プールである。

この日は残念ながら雨で見晴らしはさっぱりだったが、晴れればガラス張りルーフからの日差しで室内は明るく、立山連峰まで一望できるオーシャンビューは素晴らしい。

ビジターでプールと浴場の利用が可能。ただし毎週月曜日~金曜日の午後4時15分~6時20分まで水泳スクールのためご利用できません。また毎週火曜定休(7・8月は除く)

バスタオル・スイミングキャップのレンタル料込み料金は2,100円。
詳細はTel 0768-82-6000
http://www.suzu-beachhotel.jp/scwave/index.html
[PR]
# by Lab_umimogura | 2011-11-12 21:19 | プール・スポーツ施設
8月27-28日に、いしかわ自然学校「インストラクタースクール」 と海洋ふれあいセンター「スノーケリング指導者研修会」を合同開催とし総計30名のスノーケラーが海に入り大賑わいとなった。

一日目は九十九湾、日差しは強いが東風で城ケ崎でもうねりと濁りあったが、スノーケリングが初めての人から複数回体験してる人まで満足されたようだ。当日、私は今シーズン初めてソラスズメを個体で確認、写真撮影できた。湾内のスズメダイとアジの群れがそこそこの大きさとなっており一緒に泳いでいて気分よくさせてもらった。

二日目の千畳敷(能登町小浦海岸の海食棚)はいい海況。当日の棚は泳ぐには浅すぎて、エントリーポイントから反時計回りに棚を迂回する。棚淵はドロップオフといっても水深はせいぜい3m。ここではクロダイの大きな群れが回遊しており楽しめた。

今回はセンターが管轄漁協に事前了解をもらっていたのでウェットスーツを着た人間が海に入っていてもなんら問題はなかったが普段はエントリーが難しい場所です。



e0082949_6375210.jpg


e0082949_6384930.jpg
[PR]
# by lab_umimogura | 2011-08-31 06:44 | スノーケリング指導者研修会
福井市に「東山健康運動公園プール」という50m温水プールがあります。

e0082949_23392884.jpg
平成5年建築ですが、外は広い芝生公園があり、プールは明るく広い気持ちのいい施設です。








全面ガラス張りで、天井高20mの開放感あふれる全天候型屋内・温水プール。
50mプール(7コース)水深1.3m

e0082949_2340407.jpg















ウォータースライダー(夏季のみ、対象は小学3年生以上または身長120センチ以上)

e0082949_2340326.jpg
屋外・高さ21.43m・全長145m ド迫力でかなり長めですね。











他に・・・・・
幼児プール
トレーニングルーム
クアハウス(お風呂やサウナ)
芝生広場(無料)



パンフレット

e0082949_23591580.jpg




























(福井北ICを降りて、右折して高速沿いに南に直進して5-6分)

福井県福井市寮町50-5
電話 0776-54-9190
駐車場 175台(無料)
[PR]
# by lab_umimogura | 2010-10-18 00:05 | プール・スポーツ施設
「相手にメッセージが伝わる写真の撮り方」と題して(3/20の報告)

 珠洲市在住 水中写真家の足袋抜 豪(たびぬき ごう)さんに、撮影された作品を紹介していただいて、そのエピソードや考え方・撮り方などについてお話してもらう。

 座学では「意識の変化が大きく写真に変化を起こす」、「失敗から学ぶ・不良環境を好転させる プラス発送」、「学力 = 情報を価値に変化させる事」などキーワードとし、なぜ写真なのか?を考えながら記念、記録、作品としてプロデュースする事を展示された作品を見ながら説明を受ける。

 屋外での撮影実習は、その裏づけとしての多様なテクニックを学ぶ機会として、非常に参考になった。


e0082949_22465877.jpg












<写真:前列右から2人目が足袋抜さん>

 ホワイトバランスを変化させるだけも写真のイメージが異なることは、オートマチックしか知らない素人にはちょっと衝撃的だった。
[PR]
# by lab_umimogura | 2010-08-19 22:50 | のと海洋ふれいあセンター
2010年体験スノーケリングのスケジュール!

◆2010年度 体験スノーケリングについて◆

海に潜ったことのない20代30代の皆さん、センスオブワンダーの体験まだまだ間に合います。
是非スノーケリングを体験してください。
スノーケリングの為のシャワー・トイレ・更衣室のある施設からすぐ綺麗な海があります。
関東圏では考えられないリーズナブルな費用で参加できる貴重な機会です。

泳ぎの苦手な方でもウェットスーツを着るスノーケリングなら海中や生き物を安全に観察できます。
陸から見る海からは想像できないくらい海中は綺麗です。
美しい自然とふれあうことの楽しさを体験し、自然の保護や保全について理解を深めてもらいたいと願っています。

e0082949_20501971.jpg








◆のと海洋ふれあいセンター主催◆

「体験スノーケリング」
スノーケリングの基本的な技術や適切な磯生物の観察方法をお教えします。

開催日時 計24回

平成21年度の開催予定

 開催日 時間
7月
24日(土) AMの部 09:30~12:00
    PMの部 13:30~16:00
25日(日) AMの部 09:30~12:00
    PMの部 13:30~16:00
31日(土) AMの部 09:30~12:00
     PMの部 13:30~16:00
8月
1日(日) AMの部 09:30~12:00
    PMの部 13:30~16:00
7日(土) AMの部 09:30~12:00
    PMの部 13:30~16:00
8日(日) AMの部 09:30~12:00
    PMの部 13:30~16:00
14日(土) AMの部 09:30~12:00
     PMの部 13:30~16:00
15日(日) AMの部 09:30~12:00
     PMの部 13:30~16:00
21日(土) AMの部 09:30~12:00
     PMの部 13:30~16:00
22日(日) AMの部 09:30~12:00
     PMの部 13:30~16:00
28日(土) AMの部 09:30~12:00
     PMの部 13:30~16:00
29日(日) AMの部 09:30~12:00
     PMの部 13:30~16:00
9月
4日(土) PMの部 13:30~16:00
11日(土) PMの部 13:30~16:00

対象: 小学4年生 ~ 一般
定員: 各20名
参加費: 2,000円(ただし、高校生以上の方は、入館料200円が別途必要です。)
持ち物: 水着、バスタオル、弁当、保険証写し他
申し込み: 電話・FAX・メールで、参加希望者全員のお名前(ふりがな)・ご住所・日中に連絡がとれる電話番号をご連絡下さい。

※注意 都合により開催日を変更する場合があります。
  詳しくは、センターまでお問い合わせ下さい。

問い合せ: のと海洋ふれあいセンター TEL: 0768-74-1919 FAX: 0768-74-1920


詳しくは http://notomarine.jp/ まで
[PR]
# by lab_umimogura | 2010-07-17 20:51 | スノーケリングスクール

サン・ププル(輪島市)

能登にも素晴らしいプールがあります。
能登の外浦、輪島市にある温水プールと言えば「サン・プルル」ですが、インターネット上の情報が少ないですね。

国内にはいろんな温水プール施設がありますが、平成13年3月に建設されたものとしては思えないくらい利用者に使い勝手のいい、気持ちよく泳げるプールです。
e0082949_20353039.jpg


e0082949_20372012.jpg


能登空港から車で25分程度。市街に入って輪島駅交差点を右折、突き当りを右折、航空自衛隊分屯基地を右折、松陵中学のグランドを右にみながら進んでいくとサン・アリーナが見てきます。


e0082949_2039490.jpg


可動式ドームを設置し、太陽光を内部に取り込んで省エネルギー化を図る設計。  
天井は日本照明学会の優秀賞を受賞した間接照明を採用、テフロン幕を張ってあり、夜間はやわらかい雰囲気となっている。


e0082949_20411362.jpg


透明度の良いきれいな水。プールとおなじフロアに円形ジャグジーと子ども用プールがあります。
ドーム側の2コースは直射日光が差し込み明るくて屋外に近い感覚です。


e0082949_2040538.jpg


e0082949_20423224.jpg


■施設データ
サン・プルル(一本松総合運動公園)
住所: 〒928-0011 石川県輪島市杉平町1-12
電話番号: 0768-23-0101
休み: 月曜日(祝日の場合、営業)、年末年始12月29日~1月1日


広々としてゆとりがあり気持ちがいい施設内部。


e0082949_205018100.jpg


ビジター利用料金 500円
営業時間 平日11:00~20:30
土曜10:00~18:30
日曜10:00~18:30(ビジターは日曜の午後がスクールがなくお勧め)
祝日10:00~18:30
※7・8月は10:00~20:30
※ お正月は10:00~18:30

プールの種類
競泳用プール(25mプールx7コース)
子ども用プール
ジャグジー
採暖室(低温サウナ方式)


e0082949_20551650.jpg


珍しい二艘式洗濯機、水着の脱水にとても便利です。


e0082949_20544657.jpg


開放感のあるレストルーム(アイスクリームの自販機あり)


e0082949_2057391.jpg


e0082949_20572686.jpg




隣接して体育館、サン・アリーナがあります。

ここは有料で
 コートアリーナ   45mx37m
 バスケットボール公式コート   2面
 バレーボール6人制公式コート  2面
 バドミントン公式コート    8面

 観覧席      固定 838席
              車椅子及び介添者席16席
               可動席 348席
ランニングコース      観覧席後方の通路兼用で1周約180m
健康相談室などが使用できる。
 
連絡先は、サン・プルルと共通で 0768-23-0101
[PR]
# by lab_umimogura | 2010-05-16 21:15 | プール・スポーツ施設
・七尾湾里海創生プロジェクトの体験学習会
・のと海洋ふれあいセンターのスノーケリング指導者講習会

2009年9月26-27日に合同で開催され、20名の参加者にておこなわれた報告です。

26日<穴水町新崎>
地元漁師さんに協力いただいて船からのエントリー。
海水温は23℃ぐらい波はほとんどなくコンディションは上々。

e0082949_6183860.jpg





内湾でもこの地区がとくに生息数の多い大型のハボウキガイ、他にオニアサリやアコヤガイも見られる。
水深が2-3mの砂地でホンダワラ、アマモやナガミルが海底を覆っている。

e0082949_6204937.jpg





時期的なものか小型のヒメジが沢山いる。


e0082949_6224632.jpg





港からの景観、穏やかな9月の内湾。
港の公民館で漁師さんと参加者でスノーケリングスポットとしての意見交換をおこう。
お世話になった里海リーダーの黒田さん、地元の皆さん ありがとうございました。

e0082949_6321274.jpg
[PR]
# by lab_umimogura | 2009-10-01 06:36 | スノーケリング指導者研修会
h21年度 第12回総会の報告
e0082949_18364338.jpg












役員の改選について

継続
会長は    川原 英さん
会長代理は 林  芳樹さん
会長代理は 仙北屋 圭さん
事務局長は 坂井 恵一さん

新任
幹事には    池森 貴彦さん
幹事には    横井 将大さん
が選出されました。

前幹事   東出 幸正さん
前幹事   中尾 和正さん
おつかれさまでした。

今年度事業は
7月18日 懇親会BBQ <猪肉とたっぷり夏野菜>
7月19日 導者講習会 参加
7月25日 体験スノーケリング・スノーケリング教室への参加 ~
8月30日 ~ 体験スノーケリング・スノーケリング教室への参加
9月26日 懇親会 <未定>
9月27日 交流会 <未定>
11月   遠征・交流会<暫定沖縄>
となっております。

今年度は川原会長と坂井事務局長の熱意により、秋の交流会や遠征も積極的に推進されるとの事。
この機会に、スノーケリング体験され海もぐらになられる方を広く募集しています。

※詳しくは、センターまでお問い合わせ下さい。

問い合せ: のと海洋ふれあいセンター TEL: 0768-74-1919 FAX: 0768-74-1920
[PR]
# by lab_umimogura | 2009-07-21 18:58 | のとスノーケリング研究会